© 2020  サロンドダーユ

ART GALLERY​ SALON DE DAHU SINCE 2004

サロンドダーユは、ゆったりした空間と静かな環境の中で、自然を愛し変わらない豊かな思いを創りあげる作家の作品を発表するギャラリーです。またダーユは、作家たちの集うサロンを併設する、美術発信の拠点です。そして次世代を真摯に見つめる作家と共に歩むギャラリーです。
 

画廊  サロンドダーユとは
 

今、美術から伝えたいことがある
 

今を生きる私たちが、伝え残しておきたい想いがあります。それは私たちが過去から受け継いだ、この時代の想いです。世界的に美術は文化を生み、人々の心を豊かにしてきました。

モノ的な豊かさではなく、精神的な豊かさであることが、大切にされてきた理由です。

良い作品は想いを発します。いつの時代になっても、変わらず心に響く想いを流し続けることが出来ます。作品の価値や知名度の尺度だけでは判断は不完全です。

今の時代は利便性を尊ぶ経済社会です。その社会の中で、美術作品は需要と供給バランスから価値判断されるモノと同等の扱いを受けています。

精神的価値と物質的価値を同じに扱う社会の歪みが人々から美術文化を遠ざけてしまっているのです。

​しかし、先進国の仲間として、文化ということばを日常、耳にする社会に生きる多くの人に美術は遠い昔から、心を豊かに育む大切な世界であったことを知って欲しいのです。
 

作家の思いに心を向けてみてください。作品の中に自分を見つけることが出来るかもしれません。自分と出会った嬉しさが感動として伝わってくるからです。

​作家はいつでも、この思いを共感したいと制作しているのです。
 

GALLERY
 

The gallery supports artists whose work seeks a timelessness rooted in a love of nature, and provides a comfortable and calm environment in which to exhibit. The gallery is a focus for contemporary art in Japan, persistently seeking and introducing the next generation of artists.

DAHU is said to be an imaginary creature, well known in France and Switzerland. An ancient folklore legend in the region tells us of a fanciful animal living in the steep slopes of the mountains, whose right and left feet are of different lengths, and which sometimes falls down the slope when looking back at something. However, DAHU must not look back, but must go forward either clockwise or counter-clockwise. Some people say that DAHU looks like a long horned antelope, or that it has the features of both an ox and an ass, but nobody has seen it; mysterious DAHU.